男性の妊活

【体験談】男性のブライダルチェックにかかる費用は7,458円

【体験談】男性のブライダルチェックにかかる費用は7,458円
ブライダルチェックを男性がやる場合にかかる費用ってどれくらい?

こんな疑問に答える記事です。

この記事を書いている僕は先日ブライダルチェックとして、静液検査を受診しました。

男性のブライダルチェックの流れについて

関連記事
【体験談】ブライダルチェック男性のやり方【病院の流れ8ステップ】

この記事では、実際にブライダルチェックを受けた体験談をもとに、ブライダルチェックにかかる費用を解説します。

ブライダルチェックにかかった費用の明細も公開していくので、リアルな費用感がつかめると思います。
いっきゅう

それでは、さっそくどうぞ。

【体験談】男性のブライダルチェックにかかる費用は7,458円

【体験談】男性のブライダルチェックにかかる費用は7,458円
結論になりますが、男性のブライダルチェックにかかる費用は7,458円です。

具体的な内訳が気になると思うので、解説していきます。

病院に行った回数は3回

僕が病院に行った回数は3回です。

  • 1回目:ブライダルチェックの相談
  • 2回目:ブライダルチェックの検査当日
  • 3回目:ブライダルチェックの結果報告

なので、支払いのタイミングも3回です。

それぞれで何に、いくら使ったのかを詳しく紹介します。

1回目:ブライダルチェックの相談

「1回目:ブライダルチェックの相談」の際にかかった費用:1,760円

実際の明細は以下のとおりです。

「1回目:ブライダルチェックの相談」の際にかかった費用:1,760円

ちょっと見にくいかもしれないので、項目を書いておきます。

  • 初診料:初めて病院に行くとかかる費用
  • 診療情報提供料:紹介状を書いてもらうのに費用

※僕が相談に行った産婦人科では男性のブライダルチェックをやっていなかったので、近くの大学病院で検査をすることになりました。そのため、「診療情報提供料」が発生しています。

2回目:ブライダルチェックの検査当日

「2回目:ブライダルチェックの検査当日」にかかった費用:5,148円

明細は以下のとおりです。

「2回目:ブライダルチェックの検査当日」にかかった費用:5,148円

※1回目と病院が異なるので、書類のフォームが異なります。

項目を書くとこんな感じです。

  • 初診料:初めて病院に行くとかかる費用
  • 静液検査:精液検査にかかった実費

静液検査は保険適用外

「2回目:ブライダルチェックの検査当日」にかかった費用:5,148円

赤枠で囲ったところに「保険外負担」と書いてあるとおりで、静液検査は保険適用外です。

つまり、静液検査は普通の治療と違って、高くつくということです。
いっきゅう

※使用するキットによっては保険適用されるケースもあるみたいですが、ほとんどの病院が静液検査は保険適用外となっています。

3回目:ブライダルチェックの結果報告

3回目:ブライダルチェックの結果報告:550円

明細は以下のとおり。

3回目:ブライダルチェックの結果報告

3回目は、ブライダルチェックの結果を聞くだけです。

ということで、ブライダルチェックにトータルでかかった費用は7,458円でした。

男性のブライダルチェックにかかる費用を節約する3つの方法

男性のブライダルチェックにかかる費用を節約する3つの方法

うーん、わりとお金がかかるんだな、、、ブライダルチェックの費用を節約する方法ってないのかな?

こんなことを思うかもしれないので、ブライダルチェックの費用を節約する方法を解説します。

以下の3つです。

  • ①自分でキットを使ってチェックする
  • ②ブライダルチェックができる病院に行く
  • ③ブライダルチェックがお得な病院に行く

①自分でキットを使ってチェックする

男性がブライダルチェックを節約する方法1つ目は、自分でキットを使ってチェックすること

実は、精液検査は病院に行かなくてもできます。

seemなら3,980円

たとえば、リクルートが発売している精液検査キットの「seem」なら、3,980円で検査可能です。

  • 病院:7,458円
  • seem:3,980円

なので、3,500円くらい病院よりお得にブライダルチェックができますよ。

※言わずもがなですが、検査の精度は病院の方が高いです。

関連記事
【体験談】精液検査キットSeemを使ってみた感想【感動です】
【体験談】精液検査キットSeemを使ってみた感想【感動です】

②ブライダルチェックができる病院に行く

男性がブライダルチェックを節約する方法2つ目は、男性のブライダルチェックができる病院に行くこと。

なぜなら、男性のブライダルチェックができない病院に相談へ行くと、余計なお金がかかるからです。

具体的には、以下の費用が余計にかかります。

  • 診察代※診察回数が増えるので、費用がかさむ
  • 初診料※2つの病院で初診になるので、二重でかかる
  • 診療情報提供料※ブライダルチェックができる病院への紹介に費用がかかる

なので、男性のブライダルチェックができる病院に行くようにしましょう。

男性のブライダルチェックができる病院の探し方

ネットで検索すれば、OKです。

具体的には、「ブライダルチェック_男性_地名」で検索しましょう。

たとえば、「ブライダルチェック 男性 名古屋」で調べるとこんな感じで一覧が出てきます。

「ブライダルチェック 男性 名古屋」検索結果

あとは、病院に電話をして予約すればOKです。
いっきゅう

③ブライダルチェックがお得な病院に行く

男性がブライダルチェックを節約する方法3つ目は、ブライダルチェックがお得な病院に行くこと。

先ほども書きましたが、静液検査は保険適用外になるところがほとんどです。

なので、静液検査の費用は病院によって異なります

実例を見せると次のとおりです。

栄産婦人科の場合:3,300円(税込)

引用:栄産婦人科

ゆうクリニックの場合:5,000円(税込)

引用:ゆうクリニック

ということで、病院によって「静液検査」にかかる費用はまちまちです。

なので、節約したい方は、各病院の料金をきちんと比較しましょう。

※上記にのせた明細のとおりで、僕が静液検査にかかった費用は1,980円でした。大学病院は比較的リーズナブルに対応してくれるみたいです。

まとめ:男性のブライダルチェックにかかる費用

まとめ:男性のブライダルチェックにかかる費用
最後に今回の記事のまとめです。

男性のブライダルチェックにかかる費用:7,458円

内訳は以下のとおり。

検査◯回目 費用
1回目 1,760円
2回目 5,148円
3回目 550円

男性のブライダルチェックの費用を節約する3つの方法

  • ①自分でキットを使ってチェックする
  • ②ブライダルチェックができる病院に行く
  • ③ブライダルチェックがお得な病院に行く

ちょっとでも不安ならブライダルチェックをして損はない

ちょっとでも「自分って赤ちゃんをつくることができるのかな、、、?」と不安に感じるならブライダルチェックをして損はないですよ。

なぜなら、ブライダルチェックをすれば悩みが解消するからです。

検査をしない限り、上記の不安は、この先何年、何十年と続くかもしれません。

たったの7,000円ちょっとで、将来の大きな悩みを消せるならやってしまう方が楽かなと。

少なくとも実際にブライダルチェックをやった僕は「やってよかった」と感じています。
いっきゅう

この記事がブライダルチェックに悩む男性の役に立てば嬉しいです。

今回は以上です。

ではでは!

関連記事
【体験談】ブライダルチェック男性のやり方【病院の流れ8ステップ】

-男性の妊活
-

© 2021 196(いっきゅうログ) Powered by AFFINGER5